スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

1for1顛末記 ~6・当日~ (写真多)  

 8日、晴れていた。
 タイトル
 ツイッター実況やサイトの更新、出席者名簿リスト他色々な作業をして、部屋を出た。
 「ニート米」と「いこまい市場」の肉を持って。
 参加者で友達の「やまゆり」君に手伝ってもらって、三田線に乗って集会所に向かった。

 ニート米とか
 ニート米・つや姫・いこまい市場豚肉
 
 集会所に少し遅れてついて、目印モールの腕章づくりや、地図、名簿チェック、そして各料理作りにとりかかった。
 ここらへんから、僕はほぼ、何もしていない状態になってゆく。
 料理はもちろん、他の作業なども、名簿をずっと見ていたり、チェックといいながら何度も目印をつけていたりするだけだ。
 どうやって実際に把握するのか、わからないまま。
 
 モール
 モール腕章。参加者どうしわかるように、また写真NGなどもわかるように
 
 ウインクを中心に、しんふぁ、そのまわりの人たち、次々に色んなことをこなしていく。

 サントリーさんが当日に来てくれて、お茶、水、スポーツドリンク、系200本以上を寄付してくれた。
 本当にありがたい。
 皆、それぞれ2種類ずつ選んでもらい、走りながらと、走った後で飲んでもらっていた。

 あすな料理
 アンファンパレットの明日菜さんお料理

 トン汁
 大きなトン汁

 集合時間になっても、僕はなんとなく場所にふらっと行き、他のスタッフたちがおのおの出席などをとっていた。
 現場の連携が取れていなかたのは僕のせいだと思う。
 いつも、すべて自分でとり行ってきて、統括して現場を把握するというのがまったくわからなかったのだ。
 この後も、僕はフラフラ、各スタッフにその場その場をまかせたままいる。

 待ち合わせ場所
 待ち合わせ場所にて

 皇居集合
 集合場所でチェック
 
 集まって20人ごとくらいに、集会所に移動してもらう。
 結局13時近くまで、遅れてくる人もいたので集合場所あたりにいたような。
 
 集会所説明
 集会所にて説明
 
 あすな司会
 司会は明日菜さんにお願いしました

 IMG_2860f[1]
 モールを使ってますがゴールテープの説明です^^;

 IMG_2871f[1]
 撮影や取材をする人には前に出て自己紹介をお願いしています (写真はUSTREAM中継を頼んだ今一生さん)

 司会を新川明日菜さんにお願いしたのですが、途中で何度も僕がでばってしまいました。
 補足のつもりでしたが…
 人数が多すぎたので、くじびきとかが混乱していたようでした。
 自分はマスコミ対応で電波が入らず外にいたので色々トラブらせてすみませんでした。
 撮影NGや、ゴールテープ、コースの説明、二人一組になってもらい、銭湯へ寄ってから和気清麻呂広場へ向かいます。

 正直、このへんから自分疲れがきたのか、あまりおぼえてはいないのです。
 銭湯に行くのを忘れて、途中もう一回引き返して案内したりとか…色々なんというか、自分が投げやりなまでにバタバタしてましたが、他のスタッフがフォローしてくれていたかんじです。

 IMG_2891f[1]
 出発する時に、集会所の外でも、色々対応遅れて待たせてしまってすみません。

 IMG_2894f[1]
 ローティーンも参加。最年少は幼稚園の子でした。

 銭湯間違い
 「ああー最初に銭湯案内するんだった…。信号渡らせちゃってすみません、こっちです」


 IMG_2902f[1]
 てんぱっててすみません

 koukyo007_convert_20110203150453.jpg
 銭湯の前の張り紙。「ランナーの方々へ。皇居周辺の歩道はランナー専用ではありません。歩行者に気をつけましょう」「シューズは絶対に脱衣所へ持ち込まないで、この台の上に置いてください」

 IMG_2906f[1]
 信号渡って…

IMG_2908f[1]
 ニートの敵、経団連ビル前のガード下渡って…

広場先
 和気清麻呂広場へと着きます (最初についた人たちが待ってます)

 IMG_2914f[1]
 集まった。
 
 IMG_2920f[1]
 ここから、進行は安全管理担当の松尾さんにバトンタッチします。彼に準備体操もやってもらいます。

 ここらへん、クジで僕が失敗したことがあったと勝手に思っていて、てんぱっています。
 集合写真も、なんか恥ずかしくて隅っこにぶすっと写っててすみません。
 
 IMG_2915f[1]
 地図を配ります。赤い所がコース。

 IMG_2922f[1]
 ストレッチです。

 koukyo008_convert_20110203150654.jpg

 IMG_2929f[1]

 のび

二人一組ストレッチ
 
 IMG_2938f[1]
 走る前に記念写真です。

 集合写真

 皇居走り
 スタートしました。

 スタート

 スタートの時、僕が合図したのですが、色々あって、すぐにスタートさせてしまいました。
 思い入れというか、他のことに頭がまだまわっていたので。
 なのでスタート写真などないし、撮れなかったと思います。
 大変申し訳ない。

 その後、某用事で集会所に戻ったりして、30分遅れくらいで、僕は最後の歩きの人と一緒に歩きました。
 それからさらに色々あり、集会所に戻ったのが5時で、集会所はまったく把握していませんでした。
 
 皇居自転車
 AEDインストラクターの松尾さん他2名(看護士さん含む)が自転車に乗り、モールを巻いた参加者の安全管理のためコースをまわってくれます。

 走り

 石の上
 そこコース違う
 
 歩き班
 最後尾歩き班

 IMG_3064f[1]
 もうすぐゴール…
 
 IMG_3066f[1]
 ゴール! 彼らの前に到着した二人組みがゴールテープを持ってます。バトン式です。

 IMG_3059f[1]
 つかれましたね

 ゴール1

 ゴール2
 次々ゴール

 IMG_3063f[1]
 がんばりました

 IMG_3070f[1]

 IMG_3071f[1]
 がんばったね(とくにお母さんが)

 
 この後、5時ころに集会所へと戻り、どうだったのかは実はまったくわかりません。
 今回、人が多かったことでほとんどの人と声を交わすことができませんでした。
 せっかく、誘って、来てくれたのにね。

 おにぎり
 ニート米かな?つや姫かな? と、トン汁。

 ご飯は、いただきましたが、トン汁は、汁しか残ってませんでしたが、とても美味しかったようです。
 お手伝いの方たちが、おにぎりを握ってくれたり、色々手伝っていただいたみたいです。
 本当にありがとうございました。

 ゴール後の、写真が手元になく、紹介することができません。
 5時以降は、地下の部屋でワークショップという名のすごろく中心イベントを行いました。
 せっかく、皆で出会ったのだからという…。
 
 すごろく
 「自分が聞いてみたいこと2つ」をそれぞれのマスに書き込み(テープを貼り付け)、そこに止まった人が答える(質問あり)というやり方でした。

 自己紹介軽く行って、上記のすごろく形式、その後はすごろくの話題を発展していったようなおしゃべりになっていきました。
 ルールがいくつかあって
 ・人の話をさえぎらない、批判的なことを言わない
 ・聞いたことは、その場に置いておき、外へと持ち出さない
 …など…8個ほどあったのですね。
 
 この時間、自分はほぼ頭が働いていなくて、雑談タイムには、参加者の人に今回のイベントのグチをぐだぐだと言っていたような記憶があります。
 最低ですね。

 7グループくらい(一つ10人弱)に分かれて、皆やっていきました。
 グループに一人、まとめというか、進行役さんがいて、運営スタッフ中心にやりました。

 8時過ぎに終わり…
 残っているスタッフで掃除などをして、退出。

 終わった部屋
 片付けて、荷物だけが残った、地下の小さいほうの和室。

 集会所を退出した後「ニートのお泊り会」を行う予定があったので(予約分の6人のみ)、オリンピックセンターへと移動。
 イベント後から「僕(私)も参加したい」という人がいたのですが、もっと取っておけばよかったのかなあ?
 
 僕他4人(あと一人は合流)を連れて、予約時間ギリギリだったので、ダッシュ(参宮橋ついてから僕だけ)しまくって、合流の子の手伝いもあってなんとかチェックインできました。

 お風呂に入って…~…寝ました。
 オリンピックセンターでは夜更かしはしてはいけないのです!

 まあ、その場の内容は秘密です。
 僕がみんなに自意識カムアウトしてもらうため、色々お題を振りましたが、ワークショップと同じく「(その夜聞いたことは)持ち出し厳禁」なのです。
 『誰が一番クズでひどい人生歩んできたか選手権』『ぶっちゃけ性志向・体験さらし』なんてやってません!

 ニートのお泊り_convert_20110206222319 
 みんなすぐ寝ました

 翌朝、飯を食って、参加してくれた4人に、参加者インタビューをとって(昼ころまで、遅くまで協力ありがとう!)、解散しました。

 

  
 私は、このイベントを行うことで、どんな意味があったのだろう。
 それぞれ何を感じて自分の中でレスポンスがあったのだろう。
 これがわからずに、未練なようですがインタビューを続けています。
 参加者さんのインタビューは、まだ更新されると思います。
 僕は、このイベントを行うおそらく隠れた一番の動機は
 友達、仲間を作りたかったのだと思います。
 
 自分が、行うイベントのミッションにどれだけ共感してくれるだろう。
 そして参加してくれるだろう。
 それを問うように、ダダっ子のように、無茶な参加費システムや、独断の価値観でイベントを進めてきました。

 当事者がイベントを作るとは、初期の時点でそういう動機はかなりあるのではと思います。
 
 このイベントには、どういう意味があるのか??
 
 もう、僕自身が意味を付与するのは、もういいです。
 ここから感じ取っていただいたものを、次以降のイベントに生かしてもらえれば。

 第4回 2011 1for1皇居マラソンは、いったん、ここで区切りとさせていただきます。
 細かい収支等あらためて出させていただきます。
 
 ありがとうございました。

 
 参加者:87人
 スタッフ:15人強



 参加者さんたちの感想はこちら




 ウインクさんの報告ページはこちら
スポンサーサイト

2011.02.06 Sun l 顛末記 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.11.29 Thu l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.07.18 Fri l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.07.23 Wed l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.07.23 Wed l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.08.07 Thu l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.08.18 Mon l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.09.03 Wed l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.09.04 Thu l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://koukyomarathon.blog76.fc2.com/tb.php/39-c76a8216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。