スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

【参加者・3】はいろAKI【フィードバック】/19日朝日新聞載ります・他  

 まず、明日(19日)の朝日新聞朝刊、生活面に1for1のことが載ります。
 とっている方など、チェックしてもらえるとうれしいです。

 あと、ウインクさんが報告ページ作りました。
 http://www.npo-wink.org/2011-oneforone/houkoku.html
 うち(シゴリエ)のは、待って…;
 

はいろAKI

 「実はちょっと気になってて、行ってみようかなーって思ってたんです。
そこにツイッターで遠藤さんから声かけられて、調子よい時期で、けっこう安定してたので、比較的気軽に『行こうかな』って思った」


 20歳。
 会ったことも絡んだこともなかったが、ツイッターで僕の発言をFAVっていてくれていたので、なんとなく、リプライで誘ってみた。

 千葉の「(彼が言うには)田舎」の比較的裕福な家に育つ。
 「本格的な不登校自体は都心への通学の辛さと高校合格後の燃え尽き(疲れた、とにかく休みたい、この先何があるの、というような)とから始まった感じ」
 言いたいことが、思っていても外から鍵をかけられてしまう印象を僕が勝手に持ったのは、レンタル空手家で僕が一番長く見た生徒に、状況も纏う雰囲気も似ている気がしたから。

 10代の後半、某ひきこもり等の「更正施設」に1年間通う。
 今は無いその施設では、カリスマの代表が完全にワンマンの実権を握っていて、サッカーの試合では目標とした点数を誘導的に作らされ、到達しなかったということで試合に勝っても20km走るペナルティ。
 負けると40km。(大人は走らない)
 またその他にも「試合の審判に代表が文句をつけているのを味方せず黙って見ていたから」など理不尽すぎるようにに思える理由でスクワット1000回など。(大人たちは見てるだけ)
 「言い返せない」子たちが多く、絶対的権力を持つ代表の言うままの日々。
 施設の仲間は、施設から家への命令で「帰っても家に入れるな。それが自立に繋がる」とのことで施設にいる以外は2ヶ月間ホームレスの日々。

 「施設の代表が生徒の前で話をすると大体は、お前らは色々足りないから駄目、罰はお前らが社会に出たときに困らない為に与えているだけだ、とそんなことばかりだった。
 罰を受けたくない一心で遅刻しないよう寝ないで通ったりもした。
 親も家での子供の行動や言動を所長に報告しなきゃならなくて、家全体が落ち着かないし、子供も逃げられない。
 他の生徒の、生徒全員からビンタされるという罰を内心やりたくないと思いながらもやったり、他人が色々な罰を受けて疲れ切っていく場面を見るのが苦痛だった。
 施設が無くなった後も施設の事を思い出したり、休んでいる自分自身を施設の論理で責めることもあった」


 1年間通い続けた。


 「ひきこもり」などの社会的に「更正が必要」なレッテルを貼られると自由や選択権は無くなるのだろうか。

 その後、なじめないながらも「ゆるい」通信制の高校を卒業し「浪人」という肩書きではあるが「勉強もしない日々」。
 通信制高校の進路担当からカウンセリングを進められ、通うが「行くたび説教され、気分が落ち込んじゃう」ので通わなくなり、ほぼ家にいる日々が続いている。

 家ではどんな暮らしを?

 「朝は遅く起きて、レコーダーに録画した番組(アニメや海外ドラマ)を消化。夜はパソコンを深夜まで。最近はツイッターをよく見る。
 あとニュー速(2ちゃんのニューススレッド)でひきこもり関係のスレが立つと見ちゃう」

 今は比較的自分のペースで暮らせていて「安定」している。

 「施設がきびしくて、運動に抵抗あったんですけど、新しいこと全般に少しづつやってみようと」

 走れた?

 「パートナーは女性の方だったんですけど、走りはじめてめちゃくちゃ体が重くて『これはいかんな』って。ペースあわせてもらって、比較的ゆっくり走ってました。最後のほうはラクになって、お互いいいペースで走れましたね」


 全体的にどうだった?

 「色々ありすぎて…(彼も”ニートのお泊り会”に参加して、本音とか聞かされたり、話させられてましたw)
自分の人生とか、意見をある程度受け止められる感覚があった。
 日ごろから少ないんでそういうの…。
 こういうふうに他人どうしで語り合うのとか、中学生あたりからなかったんで。
 ずっと休んでたし、行かなくなると、自分のことばっかりしか考えないから、新鮮だった」


 平沢進やP-MODELなど、80年代テクノが好きで、アルバイト募集中のはいろAKI君のツイッターは
 http://twitter.com/#!/tamasu_
スポンサーサイト

2011.01.19 Wed l 参加者さんインタビュー l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://koukyomarathon.blog76.fc2.com/tb.php/31-4009966c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。