スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

【参加者・1】たろー【フィードバック】  

 自分のプライベートブログなど見ていただいた方は、少し、ご存知かもしれませんが、実はこのイベントの来年からの進退を考えています。
 その関係で色々思っていたのですが、自分ひとりで考えているより、参加された皆様に、今回のイベントのことや、いったいどういった方が実際に参加されたのか、などを簡単にお聞きしてみたい、と思いました。
 参加された方にはメールでも出しましたが、協力いただける方は連絡ください。 forfuture1979[at]gmail.com
 で、せっかくなのでここで更新しますが、書くとこが目的ではなく、僕がお話しして、知りたいのがメインです…どんな方が参加してらっしゃるのか。
 なので、書かれたくないことは絶対に書きません。
 ※写真は顔出し無しで大丈夫です。また、文章は事前に本人にチェックしていただいてから載せます。


たろー

 一番目に紹介する「たろー」さんは、僕のmixiでのマイミクさんだ。
 僕と同じフルコン空手をやっていて、以前からイベントに来ようとしてくれていたんだけど、色々タイミングが合わずに会っていなかった。
 このイベントではじめてお会いした。

 マラソンだけでなく、その後の「ニートのお泊り会」にも参加してくれた。

 たろーさんは、今、神奈川県で農業をやっている。

 「NPO法人の農地を借りて、週2,3回ほど通っています。もっと行きたいんですけど、交通費が…。今はまだ、農業だけでは食えなくて、ファミレスやコンビニなどの夜勤バイトをしてます。でも、来月には小田原のほうへ農地を借りて移住できるんで、専念し、自活できるようになる見込みです」

どうして農業をやってるんですか?
 「実績を作りたいんです。日本では貧しい人、精神的にきつい人、自殺に追い込まれている人たちがいて、そんな困ってる人たちが、『ここに来れば、自活して暮らせるようになる』と。まず自分たちが暮らして、モデルになろうと」

 現在他に3人の仲間と畑を耕し、運営費を貯めつつ活動を進めている。

 ニートのお泊り会では「弱者が食い物にされる今の日本は許せない」と語っていた熱い男だ。以前は警察官を志したことも。
 ただ、日本社会の仕組みを知るにつれ、システムを守る側に立つと本当に自分が助けたい人を助けられないことを痛感し、今の活動をするようになった。

 「このイベントは、当事者の人たちを”深く知りたい”と思って来ました。
若者に注目しているんです。ニートやひきこもりっていう人たちは、もったいないなと。
社会は気に入らないと若者を使い捨て、駒にしている。
そんな社会じゃ人間関係も嫌になってひきこもっちゃうのかなと。
だからもっと当事者と話さないといけない、と思ってきました。走るのはオマケ。」


 実際に話してみてどうでした?

 「とてもおもしろかった。お泊りも含めて。こういうところに来る人は、当事者とはいっても、前向きで明るい人が多いのかな。自分の世界は狭いから、これからも広げていきたい」

 そんな彼とコンタクトを取りたい人は、mixiへどうぞ。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=21224670
スポンサーサイト

2011.01.14 Fri l 参加者さんインタビュー l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://koukyomarathon.blog76.fc2.com/tb.php/29-10dfb5ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。