スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

【皇居マラソン】僕たちはリスペクトしあえるはず  

ソトコト

 皇居とは、日本の中心です。
 お正月は、一年のはじまりです。
 日本のまんなか、一年のはじめに、このイベントを行う意味があります。

 様々な人が日本には暮らしています。
 日本人以外も。
 自分とは違う人たち。
 会ったことない人たち。
 聞いたことあがるばかりで、「どうせこんな人たちだろう」と勝手に印象で決めつけている人たち。

 「ニート」と呼ばれる人たち。
 実際に彼らが「ニート」と呼ばれることを望んでいるのか、知ることもないままに。

 今回のイベントは、「色んな人」が集まります。
 「色んな団体」に声もかけました。
 もしかすると、それぞれ「差別」されてきた経験があるかもしれない。
 世の中が怖いかもしれない。
 憎しみで見ているかもしれない。
 そうでもないかもしれない。
 少数派の自覚すらないかもしれない。

 だけど、それぞれの「問題」について欠片でも知り合えば、互いにほんの少しでも関心が持てるかも。
 それは、自分に対してさらに少し関心を持つということでもあるのです。

 同じ距離を、同じ汗を流して50組が走る。
 走り終わった時に、はずむ息や、疲れた身体や、ゴールした小さな達成感は、皆「平等」のはず。
 身体とは、様々な種類の人であっても、共有できるものを持つほどの豊かさを持っているのです。

 だから、走ろうと思いました。

 正直、ニートでもゲイでも障害者でもなんでも関係ないと思ってます。
 同じように走れば、同じように疲れて、気持ちいいし。

 そこからはじめてみたいと思ったのです。
 お互いに、ペースを合わせあいながら。

 差別と偏見のないわずかな平和な時間。

 お正月、日本の真ん中で、この一年、そんな記憶を少しでも抱きながらはじめてみたい。

 それが
 One for One (ひとりは、もう一人のために、お互いに走る) 皇居マラソン
 です。


申し込みはこちら。

スポンサーサイト
2010.12.15 Wed l テーマ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://koukyomarathon.blog76.fc2.com/tb.php/22-3887e024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。