スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

【意見クレ】この長さをチラシにしようという…!(暴挙?)  

 えー、参加募集チラシを、前回作ってくれた方がやってくれるとのことで、文面考えていたのですが…。

 今回は、色々思うところあって、チラシに色々盛り込もう!と思ったのです。
 今までの経験から、チラシは、スタイリッシュにデザイン重視で、情報簡潔に作るより、なんつーか作り手の温度や顔が伝わり、きちんと説明してあるほうがお客さんは安心して、来るような気がしていたのです。
 どうせ、関心を持つ人は、読むし、持たない人は、ポイだろう、と。
 なので、それを生かして、ちょっと実験しようか…と…。

 ですが。

 ですが。

 このザマに。↓

 最初の、記事風の文は、新聞記事形式に、見出しと写真だけを大きく、あとは字を細かく詰め込んでもらおうと、表側(1枚目)に。
 それ以降は、情報なので、適当に写真も小さく使いながら、レイアウトで…裏(2枚目)、と。

 みたいにしたかんじ、どうだと思います??
 
 まあ、デザイナーさんに聞くし、採取的に彼女が決めるとは思いますが…。

 ツイッターでは「興味がなければ読まれないので。表紙(1枚目)はわかりやすく端的に、キャッチーに。で、気になったら、2枚目(裏)も読むでしょう」
 みたいな意見も来てて、確かにこれだと電波系なのかなあ…とかね…。

 以下、さらします。
 意見など、コメ欄に求む。
 こうしたほうが読みやすい、これは削っていいんじゃ…とかぬ。

 これに、昨年の写真、僕や新川さんの顔写真などもつけてもらおうかと…(もうデザイン的にきびしいか??)

 


スポンサーサイト
2010.11.23 Tue l チラシ l コメント (3) トラックバック (0) l top

ワークショップ案募集…  

 今回の皇居マラソンでは、走るだけでなく、様々な団体・当事者が参加しているので、自分たちの問題以外の問題や、事情、解決策にも、関心を持とう!
 ということで、終わった後も、そういうことをシェアし、実感できるワークショップを行うつもりです。

 ■夜の部のワークショップ
 
 …思い浮かばない…

 ランダム(問題クラスタはなるべく分散)に10人ずつくらいに分かれてもらう。
 それぞれが、残りの9人に自分のクラスタの問題(自分の問題、ではない。自分の問題を話してもいいが、はじめての人たちに、そうそう話せる人ばかりではないと思うので…)を代表して簡単に話す。
 で、その10個の中から、今すぐできそうな問題解決案を皆で出し合い、作り、まとめ、発表する… 

 というゼミのような超マジメ案しか浮かばない。

 いい案募集。


 ■雨だった場合の室内ワークショップ(マラソン自体は翌週に延期)

 今回、雨でも、2万円近く取ってあるので、マラソンは翌週土曜に延期するのですが、マラソン参加費はそのままもらい、借りてある集会室でそのままできる何かイベントを行おうと思っています。
 8日が雨で、13日にやると、2回顔をあわせられて、仲良くなるチャンスも増える…?


 …思い浮かばない…。

 それぞれの団体で、準備ほぼ無しでもできるサービス(僕だったら、レンタル空手家、障害者ダンスだったら、ダンスとか…)を提供。※障害者ダンスサークルは、未定です。わかりやすいので例にしただけ…
 それぞれプログラムに分け、皆で体験…。
 くらいしか…。

 いい案募集。



 いい案募集~~~!!!
2010.11.20 Sat l ワークショップ l コメント (0) トラックバック (0) l top

協力団体ミーティング(第一回・11/18日時点)  

 今日、夕方から、ウインクさん事務所にて、協力団体の顔合わせをしてきました。

 みなさん、大変忙しい中、足をお運びいただき、大変ありがとうございました。

 そして、僕の時間配分取り仕切りの悪いせいで、説明に終始してしまい、自己紹介などもあまりないまま、分担など何も決めることできなくて、大変申し訳ありません。
 今後、スカイプや、スカイプ会議などで、各団体の意識や参加のニーズヒアリング、できることなど教えてもらい進めたいと思っております。
 
 ということで、今日は運営自体のことはほぼ何も決まりませんでした。
 なんとなく、雰囲気は共有できたかんじなのはよかったと思います。
 だいたい、当日の進行などについて色々話したくらい…。
 色々各自相談したいことはあったので、今後各自連絡させていただき、決まり次第ブログにも出します。

 あ、あと炊飯器や鍋が確保できそうで、予算がまた下がりました^^

 終わった後、ののやさんと石鹸の打ち合わせをして、そちらは結構色々話せました。

 また報告します。
 
 第一回meeting

 前列中腰は
 ■ブレイブクール 木下さん (メンタルヘルス当事者の仕事、仲間づくり支援)
 後列立ち、右から
 ■伊藤さん 
 ■NPO法人ウインク 新川さん (シングルマザー生活支援)
 ■NPO法人しんふぁ 原さん (シングルファミリー環境活性)
 ■NPO法人ブリッジフォースマイル 植村さん (児童養護施設卒業後の自立支援)
 ■手づくりせっけん 野乃屋さん (手づくりエコ石鹸・知的障害者授産施設支援)

 (僕のあおりのせいで、なぜかファイトスタイルです…)
 
 今日は出席しませんでしたが
 ■NPO法人ピアフレンズ (ゲイ・ユースの友達・仲間づくり)
 ■アンファンパレット (離婚・再婚家庭の子供ケア)

 も協力団体になります。
 後ほど、サイトのほうにも出します。

 他、いくつかお話し中の団体さんがあります。

 (今日来れなかった団体さんたちは25日に予備ミーティング《顔合わせ・説明》があります)
2010.11.19 Fri l ミーティング l コメント (0) トラックバック (0) l top

【協力打診団体さんへ】”協力”の意味について  

 シゴトノアトリエ代表遠藤が「組みたい」と思った団体さんは無差別にいくつかお誘いメールや、連絡をさせていただいています。

 いくつかやりとりをさせていただいたり、お会いしたりしたうちで、なんというか「僕の説明不足」による”協力”の意味のちょっとしたズレが生まれてしまっているようなので、ここにもいちおう書かせていただきます。

 たしかに、いきなり「協力」「10人集めて」など言われても「?」ですよね。
 もちろん、このイベントの趣旨に賛同していただいた上ですが。

 とりあえず、某団体さんからメールがきていたので、ちょっとくどいようですが、僕が返信させていただいたメールを載せます。
 
 団体さんは(実は、どこの”協力は…”という団体さんもそうなのですが)

 ■周知なら協力する
 ■10人は約束できないのでちょっと…

 ■なぜなら、「当事者の参加意思」によって決めるから(だから10人”確保”はできない)
 とだいたいおっしゃいます。

 当然、参加するのは、誰であっても意思にもとづくものですよね。
 別に、無理やり連れてきてくれというわけではないのです。
 むしろ「支援者、関係者が多数」の10人であってもいいのです(むしろそのほうが難しいでしょうが…^^;)
 このイベント参加は自由意志です。
 当たり前です。
 どんな、「支援」「活動」だってそうですよね?(でなければ支援という名のファシズムですよね)

 そんなわけで、以下の文面が、僕の説明です。
 


 10人参加する、というのは、利用者(当事者)、支援者に限らず、ということです。
 さらに言えば、周囲の人たちであっても構わないということです。

 むしろ、ずっと今までの回は、当事者が多く、支援者がほとんど来ないということばかりでした。


 このイベントは自分がずっと一人でやってきており、今回100人集めますが、とても100人を一人で、出席、誘導確認などまとめきれません。
 なので、広報兼、「このイベントの10分の1は、うちらの団体でやろう」というかんじでとらえていただければと思います。
 このイベントは、まったくの私一人がやっていることなので、協力者、団体が増えれば、さらに動員の他にも色々と広がるでしょう。
 (逆に、いなければ、このイベントは30人前後の小規模なものとなり、イノベーション的にも小さなものとなるでしょう)


 また、それぞれの団体さんによって、当事者さんの傾向も違うでしょう(視覚障害であったら伴走にコツがいる、精神科通院者だったら過呼吸になる場合がある等)
 なので、そのアドバイザーとしてもイベントに参加しませんかということです。


 利用者さんの参加意思はもちろんですが、支援者も走ってほしいところ大なので、「○○(団体名)さんで無差別に10人」ということです。
 「一緒にいこうぜ」と一緒に来れば、当事者からすればどこの団体かもしれないシゴトノアトリエなんとやらに当事者が一人で行くより断然ハードルも下がるでしょう。


 このイベントのミッションは「問題当事者も、支援者も、無差別に同じ汗を流せる、(支援/被支援 ではなく)完全に同じ地平に立ち、他の問題当事者、支援者とも交流し、問題共有し、多様性を肌で知ることで生きやすくするチャンスを提供する」
 です。


 よろしくお願いいたします。
2010.11.18 Thu l 協力団体 l コメント (0) トラックバック (0) l top

協力団体とか  

 今回のイベントは、様々な団体と組んで、それぞれ参加者を10名集めてもらい(支援者、当事者、関係者かかわらず)、当日の出席から誘導確認まで、やってもらおうと思っています。
 100人予定なので、さすがに今までのように僕一人では手がまわらないし…。

 今のところ、7、8団体ほど名乗りをあげてくれています。
 うちと、ウインクさん含めて。

 完全に確定かわからないので、名前はそのうち出しますが
 シングルファミリー環境活性離婚家庭の子供ケアメンタルヘルス当事者の仕事づくり知的障害者授産施設支援ゲイの友人・仲間・理解者づくり養護施設卒業後の自立支援
 などです。

 他にも、うち以外で10団体ほどは組みたいなあ~とは思っているので、まだもう少し声をかけさせていただいていこうと思ってます。

 とりあえず、18日に一度顔合わせや説明等のため集まる予定です。
 その後、サブとして25日にも予定してます。
 
 

 
 その他では、今日はブラインドサッカー協会さんの所にお話しに行ってきたりしました。
 ブラサカさんはとりあえず協力というわけではないですが、まあ今回のイベントは色々誰でもウェルカムにしたいので、たとえばメンヘルの子は薬副作用とかあるように、色々安心して参加してもらえるよう、各団体には、それぞれの当事者参加に対してのアドバイザーも兼ねてもらいたいなと思ってます。

 あと、お話ししてて思ったのですが、事務局長の方が「支援者は、マラソンの場でも”支援者”となってしまう場合があるんですね」とおっしゃってました。
 というのは、今まで当事者、経験者のほうが多くて、支援側は「5キロも走れないから…」という人が多い、と。
 いや、ひきこもりとかのほうが全然走れないからwww というね。

 ぜひ今回は、当事者以外の方も闇鍋のようにどうぞw
 当事者に励まされながら走る支援者もカッコいいじゃないですか。
2010.11.17 Wed l 雑事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

11/15現在:寄付状況  

 11月15日現在での寄付状況です。

 ■某有名メーカーさんが、ドリンク200本ほど出していただけるそうです。
 ウインクさんがお話ししてきました。
 名前もう出していいのかわからないので、とりあえず。

 ■皇居マラソンファンド用に、手づくりせっけんの野乃屋さんが石鹸を作っていただけるそうです!

 この石鹸を(プレゼント用などで)買うと、その半分が皇居マラソン経費(随時更新)に寄付されるという…。
 (経費が減ると、それだけ参加費が安くなります。目指せワンコイン《現在1570円…^^;》)

 詳しくは、今月中に出します。

 ののやさんには、お茶も出していただきます。

 ■今年、おにぎりの他にトン汁も出そうと思っているのですが、豚肉をお肉専門店の通販いこまい市場さんが出していただけることになりました~。


 寄付が増えると、経費が減って参加費が安くなっていきます。
2010.11.17 Wed l 寄付 l コメント (0) トラックバック (0) l top

皇居マラソンの思い出  

 思い出っていっても、まだ3回しかやってないですけど、なんとなく思ったことを。
 歴史というかね…。


 第一回は、13人と少数でしたが、関東の様々な地区、東京はもちろん、茨城、埼玉、神奈川、千葉から、そして和歌山など遠くからの参加もありました。
 ほとんどが、ニート、ひきこもり、メンヘラ経験のある人でしたね。
 精神科のお医者さんも。

 ある女性は、精神科に何年も通っていて、ニート状態で、処方された薬でフラフラ、走れる気もしなかったけど、パートナーがゆっくり、時には歩いて、一緒に走ってくれて完走できてとてもうれしかったみたいです。
 その後すぐに、何年かぶりにアルバイトもはじめました。
 何かのきっかけに少しでもなれたならよかったです。

 他にも、ずっと精神科通ってて、他にも持病あるし、もう何年も長い距離歩いたことないから「走らない、絶対歩く!」と言ってヒールで来た方もいました。
 精神科のお医者さんとずっと二人で歩いてましたが、最後は疲れたーと笑って気持ちよさそうでした。
 その方は結局、水泳を毎日何キロの泳ぐようになり、1年後アルバイトをはじめました。
 去年は一緒につくば山のキツイコースも登りにいきましたね。


 ひきゴール
 第二回目は、新聞などに載ったこともあり、30人ちょいと、多くなりました。
 参加者は、今回はけっこう「フツー」の人が多かった(6割くらい)のようなおぼえがあります。
 ただ「フツー」とはいっても、身内にメンヘラがいたりとか、昔若干不登校とか、今もなんかヘタレ自認だったり…と、当事者に共感しやすい方が多かったように思います。

 この時は、人数多くて、正直てんぱってて、あまりおぼえていなかったのが正直なところです。
 統合失調の方が「知らない人と走って仲良くなってうれしい」と言ってたことや、ひきこもってた人が「ずっと外出てなかったからきっかけになってよかった」とか言ってたことくらいでしょうか。
 他いろいろあったと思いますが…。
 成果的なことは逃してますね、すみません。
 ちなみに、この回で会ったニートと、事業をやろうと、NPOシゴトノアトリエのコンピューターおにいちゃんをはじめました。


二人後

 第三回ですが、静岡や福島など遠くから来た方が何人かいらっしゃいましたね。
 人数は2回目と変わらず、30人ほど。
 この回は、メンタルヘルス当事者がすごく多かったです。
 7割がたそうでしたね。
 
 マラソンで出会って、当事者どうしや、支援団体の人と、それぞれ友達になって、その後いろんなイベントに出かけたりと、色々つながってる人が何人かいたのがうれしかったです。
 精神障害の方で、週に何度か走りだしたりされた方もいました。
 「運動の習慣がつき、睡眠薬を飲まなくても眠れるようになった」そうです。
 やはり運動ですよね!


 人数多いと、僕が進行にかまけて把握できなかったりするので、なるべく今回余裕を持って、しかも(できればそれぞれの団体さんに)感想やその後など、成果的なものを出していければいいなというのが、2011の目標の一つですかね。

 よろしくお願いします。
2010.11.03 Wed l 思い出 l コメント (0) トラックバック (0) l top

2011年のテーマ【問題解決団体、当事者シェアしよう】  

 今年のテーマは「問題・解決事例・当事者シェア(共有)マラソン」です。

 どういうことかといいますと…。
 
 僕はこの一年、NPOシゴトノアトリエをほぼ休んで「自分がどう生きてくか」の活動にシフトしていました。
 まあ、主に「お金」のことです。
 去年はNPOにかまけてできなかったライターもぼちぼちはじめました。
 また、ツイッターもはじめました。

 ニート、身体障害者、LGBT(セクシャル・ジェンダーマイノリティ)、ギーク、ネトゲ廃人、少年犯罪ヤンキー、女性問題、ギャル、アラフォーシングルマザー…様々な人たちを取材したり、会って、見てきました。

 そんな取材先の彼らや、フォローしたツイッターのTLを見て、よく思ったのです。

 「僕の抱えてる問題とかぶる」

 LGBTの社会での居場所の獲得しづらさや、抱えがちな孤独。
 身体障害者たちの社会からの「意識されない差別」や、持たなくていい不自由さ…。

 同時に、彼らの「それでも(一人でも)進んでゆく」「もっと自由で幸せな未来に向かって試行錯誤してゆく」姿勢も、共感できるものでした。
 ヤンキーは一人からでも意地と仲間との連帯で起業し、ギャルはそれぞれ抱えがちな未来への不安を社会と繋がってゆくことで獲得し、障害者だってできる範囲で格闘技したいからしてる…。

 おそらく「問題」を抱えて、切実になんとかしたい! と思う人たちは、どこか「似ている」部分を持っているではないか。

 痛みも、わかりあえやすいだろうし、解決法も共有しやすい。
 互いに知り合えば。
 そして、そのクラスタ(集合体。「ニート」など)の中だけで生きているために抱えがちな孤独も「世界は広い」「仲間は多い」と体感できる。

 この1年は、僕にとって、そういう年でした。

 なら、年に一回行っている「新春皇居マラソン」も、異なる問題クラスタ同士の当事者が、同じ汗を流し、知り合えるものにしよう。

 それは、僕自身が抱える「ニート」「メンヘラ」的なもののためにも。

 今回は、走るだけでなく、銭湯行って、食べて、終わった後も夜まで部屋をとり、互いに知り合え、話し、楽しめるようなワークショップを行いたいと思ってもいます。
 まだ全然決めてませんが…。

 ツイッターのTLでゲイとニートが鬱に関して話し、メンヘラとフェミが議論するのを幾度も見てきました。
 今夜も行われているでしょう。
 彼らがリアルで出会ってもいいんじゃない?
 そして、孤独も、問題解決法も共有しあえれば、それぞれの幸せになり方や勇気を持てる速度に、もっと棹差せるんじゃない??


 そんな思いで、今回のイベントを行います。

 なので、主催の僕は、今までどおり自分に近いクラスタを集めるでしょうが、様々な問題解決志向団体にかんでもらい、色んなクラスタと走りたいと思っています。
 それで、100人。

 よろしくお願いいたします。
2010.11.01 Mon l テーマ l コメント (0) トラックバック (0) l top

「皇居マラソン」の歴史  

 「皇居マラソン」の歴史です。

●2008年

ひきこもり、ひきこもり経験者、メタボに悩むなどフツーの人向け。

コンセプト:現役ひきこもりや、メタボな人は、体力つけるきっかけに。元当事者は「自分も”伴走できる”存在」である実感を。
レンタル空手家派生イベント。「空手だけじゃ運動したい人集まらない」

人数:13人

新春☆皇居マラソン


●2009年
ニート、ひきこもり、彼らと走りたいフツーの人向け

コンセプト:ニート、ひっきーは体力つけよう。フツーの人は当事者に「伴走できる」実感を持ってほしい。

人数:33人

2009皇居マラソン1/10


●2010年
ニート、メンヘラ、フツーの人、社会起業家(志望)向け

コンセプト:薬に殺されないように、身体から治すきっかけ作ろう。あと社会起業やりたいとか言ってるなら、年に一回くらい、当事者と同じ苦しみを共にし、同じ汗をかこう!

人数:32人

2010 おとなもにーとも皇居マラソン 1/9(土)


●2011年
日本全国の、体力が必要だと思っている社会問題当事者、問題解決者、無差別に。フツーの人も今までどおりに。

コンセプト:どんな問題に立ち向かうにも、体力が必要じゃないか。「違う問題」と思っていても、実は共通して友達になれるし。

人数:100人
2010.11.01 Mon l 歴史 l コメント (0) トラックバック (0) l top

2011年 1for1 予算  

2011 1/6 経費だいたいの見積もり更新●

 11/1現在の予算を出します。
 昨年までの皇居マラソン経費を参考にしています。
 参加者100人

■通信費
スカイプ(900円×4ヶ月+手数料)4400円→5180円●
その他携帯 (プリペイド2ヶ月が2つ×3000円)6000円→9000円● 
スカイプFAX (9円×200枚)1350円→0円●
郵送 (180円×50箇所)5000円→390円●
チラシ(3000枚) 3500円→1204円●

その他(プリント代):610円● 

■当日費用
ニート米 (2キロ6つ+送料)8355円7355円→0円 ※11月20日 もうニートと言わせ米 フェアトレード東北提供 ※11月30日 ソーシャルイノベーション東北サンファームしらたか完全提供
お茶 2000円 ※11月1日 ののや提供 
レンタル炊飯器 8800円 ※11月18日 しんふぁ、ブレイブクール 提供
トン汁食材・鍋レンタル 10000円7000円→4000円 ※11月13日 豚肉3キロいこまい市場提供 ※11月18日 鍋 しんふぁ提供
レンタサイクル×3 3000円  松尾提供 ●
施設費 15000円 16200円 ●
看護師・ドクター謝礼(3人)2人 15000円 10000円 ●

■他
交通費 15000円  4220円+1010円=5230円 ●
打ち合わせ等飲食 5000円 200円 ●

打ち合わせ部屋代 4600円 ● 

(ここまで56614円)

■人件費(主催・遠藤一/有償ボラ:時給400円)※最低限の活動報酬保障がされないと、主催者は都内一人暮らし月収11万5千円(2010年10月)の自営業者のため、イベント運営に時間をとられると生活が破綻します
150時間 60000円

計 162,405円→11月15日:157,405円→11月18日:145,605円→11月20日:144,605円→11月30日:137,250円→1月6日:116,614円

 
 □寄付・ファンド 4500円(11月30日)


石鹸 42,000円 (66個)
本 1,200円 (3人)
寄付 37500円 (6人)
計 80700円 (1月6日)

 目標として、参加費ゼロ円(最低目標ワンコイン)でできるよう、ファンドレイジングがんばります。
 
 現在の参加費:359円
2010.11.01 Mon l 予算 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。